アイドリングストップは必要なのか?

ブログ

2020/06/27 アイドリングストップは必要なのか?

アイドリングストップ機能が搭載される車両は、ここ数年で増えましたね。

皆さんご存じだとは思いますが、信号待ちなどで自動でエンジンが停止し、発進時にブレーキなどを離すと自動でエンジンが始動するという機能です。

 

 

それを使用している方は、きっと燃費が良くなるからと思ってる人も多いと思いますが、逆の場合もあるみたいですよ。

ストップ&ゴーが多い乗り方ですと、エンジン始動時には、多めの燃料を必要とする事があるので、たいして燃費が向上する訳では無く、さらには、アイドリングストップの車にはAGMバッテリーという高価なバッテリーが使用されているのが多く、(通常のバッテリより倍以上高いものもあります。)何回ものスターターの再始動やエンジン停止時のエアコンなどの電装品への電源供給など、アドリングストップを使用しない場合に比べスターターやバッテリーは酷使される状況になります。

そうなると、アイドリングストップを使用しなかった場合より、短い期間でスターターや高価なバッテリーを交換する羽目になり、結果出費が多くなるケースもあるみたいです。

でも、アイドリングストップをする事により、排気ガスが少なくなるんじゃないの?環境に良いのでは?とも思いますが、バッテリーやスターターの交換サイクルが早くなるのであれば、今まで以上の数を製造し、さらにそれらを廃棄する必要が出てくるでしょう。そうなると調べていないので分かりませんが、環境への問題も少なからずあるのかなとは思います。

アイドリングストップ機能を使う事により、バッテリーとスターターが酷使されるのは明らかです。それらを考えて、使用するのかしないのか選択する事をお勧めいたします。

 

お車の購入・修理・車検・整備は横浜市の輸入車販売・整備工場のプラウディアにお任せください。

 

在庫車両にご希望のお車が無い場合は、多くの入手ルートと確かなプロの目でお車を探してきます。

お気軽にお問合せ下さい。

www.proudear.com